アダルト系プレイの中でもSMは別格

特殊な性癖を持った私が普段女性に行っている調教プレイの一部をご紹介します。

■取引先の女性を調教
わたしは昔からSMプレイがとても好きで、女性を支配下に置く事にエクスタシーを感じています。言われるがままに女性を操り、痛めつけ、許しを請い、それでも許さずに更に痛めつける事にどうしようもなく興奮してしまうのです。わたしは、頭の悪そうなギャルよりも、高学歴の女性が好きです。特に経済的に独立しているようなしっかりとした女性が好きで、会社では男性をアゴでつかっているような女性を恐怖と傷みと快楽で支配する事で興奮する性癖なんです。わたしは、普段は保険の営業をしているので色々な会社の方との繋がりがあります。そんな取引先の受付嬢の方と先日、街中で偶然一緒になり、そのままのノリでお酒に誘って色々と愚痴を聞きました。女性を落とすためには、どんなにくだらない話も嫌な顔をせずに聞くのがポイントですので、しっかりと耐えながら相槌を打っていました。お酒がすすんで気持ち良くなってきた頃に、そのままホテルに直行し、アダルトな関係を持ちました。最初のセックスが終れば後は徐々に調教して行くだけですので簡単です。
■道具の使用
彼女は、受付している時には凛とした態度をとっているのですが、いざセックスになるとかなりの甘えん坊なので、そのギャップが興奮してしまいます。もっと乱れた彼女が見たいので、手錠などで四肢をベッドに縛り付けて電マで色々と敏感な部分を攻撃して行きます。途中あまりに騒ぎ出すので、ビンタをしたら大人しくなりました。そのまま、続けて行くと腰をガクガクと痙攣させてイキまくりましたので、クリトリスに電マを当てたまま手マンして潮を吹かせました。彼女の頭の中は、道具を使われているから仕方がない、手足を拘束されているかた仕方がないという言い訳を持たせてありますので、恥や外聞などを捨てて本気で感じてくれるようになります。
■ハメ撮りなども
彼女が最も興奮するのがハメ撮りです。最近ではスマートフォンもかなり画質が良くなっておりますので十分に綺麗な動画を撮影する事ができます。もちろんリアルタイムの撮影ですので、モザイクなどもありませんし、何よりカメラを向けた瞬間に感じやすくなる彼女とのSMプレイは最高です。SMはお互いをパートナーとして信頼できる事がとても重要になります。その為に徐々にハードルを上げて行く事も重要なのですが、ハメ撮りで自分がよがっている姿を客観視するのもとても効果的な調教になります。